オーシカは安心な暮らしを応援する接着剤と建材のメーカーです。

English 簡体中文

MENU

会社沿革

1905年 明治38年 創業者の父、大鹿由太郎氏が“阿州藍と紺染糸”の商いを目的として、名古屋葛町に合資会社大鹿商店を興す
愛知県名古屋市に大鹿物産(株)を設立(12月)
接着剤、合板を販売
1937年 昭和12年 愛知県名古屋市にベニヤグルー(株)を設立(4月)
接着剤の製造、販売
1939年 昭和14年 日清製油(株)と提携し、名古屋に(株)日清化学研究所を設立
接着剤の販売を開始
1940年 昭和15年 (株)日清化学研究所が大鹿物産(株)の単独経営となる(11月)
1943年 昭和18年

大鹿守義氏が東京都板橋区(舟渡1丁目11番地)に食糧振興(株)を設立(3月)

接着剤、工業薬品、合板、合板木材加工品の製造及び販売を始める

1944年 昭和19年 社名を“大鹿振興(株)”に改名
1947年 昭和22年 日清化学研究所の社名を“日清興業㈱”に改名
1950年 昭和25年 レヂンの研究から製造に移った
1951年 昭和26年 合板工場でグルーからレヂンの使用に移行
1952年 昭和27年 尿素樹脂接着剤の分野を開発
日清興業㈱の閉鎖
1953年 昭和28年 耐水保証合板(ウォーター・プルーフ・プライウッド)と命名し、販売開始
1955年 昭和30年 「鹿印完全耐水保証合板」と命名し、生産販売を始める
1959年 昭和34年 ベニヤグルー(株)にホルマリン系の合成樹脂工場を併設する
1962年 昭和37年

新潟県新潟市に新潟合板振興(株)を設立(10月)

大鹿振興㈱の合板製造部門を分離し、当社開発の鹿印完全耐水合板を生産する

1964年 昭和39年

岡山県倉敷市に水島化学振興(株)を設立(10月)

1966年 昭和41年

本社を板橋区舟渡1丁目6番14号に移転
水島化学振興㈱操業(2月)

大鹿振興㈱の接着剤工場を草加に移す(草加化学振興㈱の前身)

大阪府南河内郡に大阪化学振興(株)を設立(7月)

1968年 昭和43年

大阪化学振興㈱操業(4月)

1969年 昭和44年

埼玉県草加市に草加化学振興(株)を設立(2月)

愛知県半田市にベニヤグルー㈱の合板・接着剤工場を設立

1971年 昭和46年 トラスジョイスト社と(株)オーシカが、TJIジョイストという世界初の100%木製のI型ジョイストで業務提携
1975年 昭和50年

愛知県名古屋市に名古屋木材化学(株)を設立(1月)
木材の薬品処理加工を開始する

京都府久世郡のケミホルツ(株)の経営権を取得する(8月)

1977年 昭和52年 木材保存薬剤の生産販売を開始する
1979年 昭和54年 ベニヤグルー㈱に重合系樹脂工場を増設する
三菱ガス化学㈱と共同出資で大鹿ホルマリン㈱を設立(11月)
1985年 昭和60年 水島化学振興㈱はWPC加工工場を増設
1986年 昭和61年 TJI設備を志村工場に設置
1987年 昭和62年 日本初TJIジョイストを枠組み壁工法に使うための大臣認定を取得
1989年 平成元年

中央研究所を現住所に新築移転

1995年 平成7年

大鹿物産(株)を合併し、大鹿振興(株)名古屋営業所となる(7月)

インドネシアのジャカルタ市に同国のポリケミ・アジア社と共同出資でポリオーシカ社を設立

大阪化学振興(株)を吸収合併、TJIの加工工場として稼動

2000年 平成12年

本社を現住所(板橋区舟渡)に新築移転(7月)

名古屋木材化学(株)を清算

2001年 平成13年

社名を“株式会社オーシカ”に変更(10月)

ベニヤグルー(株)、水島化学振興(株)、草加化学振興(株)の3社が合併
オーシカケミテック(株)を設立

2002年 平成14年

中国江蘇省張家港に、マレーシアのセパンガール社等と共同出資で張家港源勝化学工業有限公司を設立

2008年 平成20年 オーシカケミテック(株)がケミホルツ(株)を吸収合併(10月)
2010年 平成22年

FSC.PEFCのCOC認証取得(8月)

2011年 平成23年

井田商事㈱を買収(5月)

中国の大連市に大鹿貿易有限公司を設立(6月)

2014年 平成26年

P.T.OSHIKA INDONESIAを設立(4月)

2015年 平成27年

大新合板工業㈱を買収(4月)

|  企業情報TOP  |

企業情報